山道歩き

2016年05月01日

IMG_2529

 

先日、思い立ち、
武蔵御嶽神社へ参拝してまいりました!

 

何度となく参拝している神社ですが、
天空のような、そして別世界のような山の自然と
長きの間、守りぬかれた聖地が
いつ行っても、とても美しい場所です。
久しぶりに行ったら、観光客の方もたくさんいらしゃって
ずいぶん賑わっていました☆

 

今回は久方ぶりでもあったので
奥宮まで参拝しました。

 

奥宮へは、本殿から山道を歩いて一時間ほどの登山です。
写真はその道すがらの一枚。

 

ご覧の通り、
「ザ・登山道!」な道なので、
奥宮へ登るには最低限の装備が必要です。
(この木の根が道です。笑)
奥宮までの道は
本当に自然が近くて
・・・というより、まるで「かみさま」そのもののような土地で
歩いているだけで、素のままの気持ちや体が顕になるようです。
一歩一歩歩きながら、今の自分を振り返る
大切な時間になりました。

 

話を戻して、境内にある本殿、その後ろには
たくさんのお社が並んでいて、またその辺りも
特に気が高く、清められた聖地です。

 

いくつかぴんときたお社に手を合わせご挨拶をした中で、
いつも見ていて気になっていた
「太占祭場」を
今回改めてゆっくり眺めてみました。

 

「太占祭場」、「ふとまにさいじょう」とルビがふってある立て札が立っています。
こちらは、中に入れません。
年に一度だけ、
ご祭神である櫛麻智命に因む
こちらで古くから伝わる今年一年を占う儀式が行われるそうです。

 

今回、この地を見ると、
限りなく大きな天と
深く果てしない地、
その間をつなぐようにある螺旋構造が見えました。

 

それは、まるで銀河そのものの運動が描く
螺旋の軌跡のようだと思いました。
DNAにも似ているような・・・
果てしない情報と、
大きな力に基づいた意思が
その中では流れ、そして同時に今に在る。
もはや形や言葉の世界ではない・・・。
圧倒されるような、そんなエネルギーのある場所。
神聖で、ダイレクトで、帰還し、そして新たに生まれる場所。。。

 

様々な神社を巡っていると、
素晴らしい場所が、こうしてたくさん日本に残っていること。
すごいことだなあといつも思います。
「神社」として、時に形の力を借りながら、
太古からの「宇宙」あるいは「かみさま」の
そのままのエネルギーが残り、
守られ
それを今私たちが感じ、見て、知ることができる。

 

この長い年月を経て
伝えられるそのベースには
たくさんの人の思いや、行動する力があってこそなのですよね。
本当にすごい。
いま、生きている人と、そしてそれらを行ってきた数かぎりない先祖たち。
感謝しかないなあと、思います。

 

IMG_2548

 

武蔵御嶽神社の前にある参道で
初めて入るお店で戴いた「くるみそば」と、「コーヒー」(見てるとサイフォンで淹れたてでした♡)
が大変美味しかったです☆
この土地はお水がとてもとても美味しいのです
坂道や階段が多いため、足腰の弱い方は難しいかもしれませんが
そうでない方は、都心から日帰りで行ける
自然の力をたっぷりいただける、素晴らしい聖地です。